共に成長できるプラットフォームを目指して。 セミナートップページ

終了致しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

「国際金融資本と新世界秩序」

セミナー議事録

《管理人の独り言》

大好評の林千勝先生の連続講話の最終回は”国際金融資本”について。
私が個人的に林千勝先生に注目するキッカケとなったのもまさに”ロスチャイルド家の歴史”について語られた動画でした。
我が国の歴史を語る上で、国際金融資本の存在を無視できないということも林先生の講義を拝聴するとよくよく分かります。
また、スポット的に歴史上の人物や出来事だけを知る(学ぶ)のではなく、”構造”を理解しないと今後に活かせる学びにはならないということも教えていただきました。
3回の講義の中で何度も感じましたが、本当に学校教育というのは構造を理解させないようになっていますね、、、

来年以降、林千勝先生の連続講義(グレードアップver.)を企画したいと思っております。
皆様からいただいたアンケートも参考にさせていただきます。
正式なご案内を楽しみにお待ちいただければ幸いです♪

《セミナー・懇親会風景》





《参加者みなさまのご感想》

・ロスチャイルドは、古くから、日本に目をつけ、 開国させたり、戦争をさせたり、全てにおいて、 お金を渡し、ヒト、モノ、カネ、ジョウホウを 牛耳っていたことに、驚きました! が、納得もしました。

・世界の三角構造が結局のところ不変であるというところがなんとも言えない気持ちになりました。誰がどんなに頑張っても草刈り場である日本はその立ち位置である役割を果たすまでしかない。中共と日本との関係を示すピラミッドには認めたくない現実でした。基本構造が大前提にあるという事。それを崩そうとした時にどんな形であれ元に戻されてしまう事。日本は、そして私はどうこれからの人生の選択をしていくべきなのか考えさせられました。

・今回も大変勉強になりました。ロスチャイルド、ロックフェラーについて勉強になったのはもちろんですが、この世界支配からどうすれば脱却できるかを考える時間を作りたい。

・ロスチャイルドの話は教科書に載ることのない歴史です。それを聞かせていただけたのは本当に財産です。

・日本の宝!林千勝先生のお話を生で聞けてよかったです!!

※たくさんの中のほんの一部になりますが、抜粋して掲載させていただきました。本当にありがとうございました。

《古賀Facebookより》

【第78回AT-1報告】
一昨日のAT-1も、おかげさまで満員御礼での開催でした?
9〜11月の3カ月間は、近現代史研究家の林千勝先生による連続講座を行って参りました。
全3回の私なりの大テーマは『日本および世界における近現代史の真相』でした。
これに関して、林先生ご自身が長い年月をかけて懇切丁寧に一次資料に当たり、丹念に調べあげられた検証結果に基づいた貴重なお話をたくさん聴かせていただくことができました。
一昨日の第3講のテーマは「国際金融資本と新世界秩序」ということで、満を持して最終講にして本丸の《国際金融資本》に深く切り込んでいただきました。
今回も対談まで含めて4時間近くを確保しましたが、それでも全く時間が足りない、、、
ただ今回は、千勝さんご自身で大まかなタイムテーブルまで作成して臨まれていて、前回と前々回の反省は存分に活かされていたようです(笑)
フランクフルトのゲットーと呼ばれる地域で生まれたロスチャイルド家の歴史に始まり、ロックフェラー家やシフ家等々も含めた彼ら《国際金融資本》が、日本や世界の歴史の裏でどのように暗躍してきたのか。
何の目的で、こんなにも一方的で大がかりな支配を200年以上も続けてきたのか。
我が国日本は、彼らの思惑にどのように巻き込まれ、いかに利用されてきたのか。
こういったお話を本当にたくさん聴かせていただくことができました。
彼らが作り上げる"対立構造"の後ろにあるのは、いつも【世界は一つ、マネー主義】。
NWO(New World Order)とか新世界政府とか呼ばれる、実質的に「各国政府よりも力を持つ秩序」をお金の力で生み出し、"左右"や"東西"、"善悪"と言った対立軸を演出して政治、軍事的に国民を対立させる一方で、裏から両側を政治的にも資金的にも支援することで大きな"ビジネス"を生み出し続ける。
現代においては、アメリカ(新自由主義)とチャイナ(共産主義)という対立軸を表向き演出してはいますが、実際にはどちらの目指す所も同じグローバリズムです。
そして残念ながら、我が日本はその両陣営の「草刈り場」というポジションに置かれてしまっています。
この"構造"の中においては、我が国の首相は「草刈り場の管理人」という役割を与えられているに過ぎず、結局は誰がその役割を担っても今のままではこの"構造"を大きく変えることはできません。
彼らは、自分達の存在を知られぬよう、自分達に敵意が向かないように人々に対して"敵"を作り出し、"地球市民"などという抽象的なモノを作り上げてなるべく国境を下げる。
ヒト、モノ、カネの国際間の動きをできる限りやりやすくし、"効率的に"経済活動を行う。
そのために邪魔な伝統や文化と言った既存の秩序は元より、民族や家族、そして国家そのものまでをもどんどん破壊して行く。
この一貫した彼らの動きの原動力には、莫大なビジネス的な利益の追求はもちろんですが、何百年もずっと虐げられ続けてきた、キリスト教徒への積年の恨みもありそうです。
彼らの目指すスローガンは"LUCRATIVE"、すなわち"more profitable"ということらしいです。
①グローバリズム
②分割主義
③軍事ビジネス
を巧みに駆使しながら、より儲かる方へ。
まさに私がしょっちゅう警笛を鳴らしている《グローバリズム》そのものです。
今のコロナ騒動なんか、まんまここに当てはまってますよね、、、
アメリカでは百数十年前から国民vs国際金融資本の戦いが続いており、未だに多くの方が大手メディアの言うことを信じていません。
その数は、全国民の約3割にあたる7500万人とか。
これからの我が国は、この「アメリカを取り戻せ運動」からたくさんのことを学ばなければなりませんね。
日本が今の"構造"から抜け出す唯一の道は、一人でも多く目覚める日本人を増やすこと。
私の活動の主眼もここに置かれています。
戦前の日本では、新聞やラジオで普通に《国際金融資本》や《ユダヤ》という単語が登場していて、主婦による井戸端会議ですら頻繁に話題に上っていたそうです。
しかし戦後の歪められた言論空間の中にはそれらの言葉は存在せず、国会図書館等の検索端末に「ユダヤ資本」の文字を打ち込んでも、戦前の新聞記事には一つもヒットしないそうです。
実際にはそれらの単語を含むたくさんの記事が保存されているにも関わらず、です。
背筋が寒くなりますよね、、、
この他にも、
・幕末開国〜明治維新に至る流れの裏側
・大東亜戦争開戦の裏シナリオ
・第2次安倍政権の本音
・各国中央銀行の仕組み
・国際金融資本と金本位制
・喜劇王チャップリンの裏の顔
・トランプ大統領の素顔
等々、本当に多岐に渡るめちゃくちゃ興味深いお話を聴かせていただいたのですが、紙面の都合とオトナの事情により、それらの詳細は割愛させていただきます?
改めまして、3回に渡って本当に貴重なお話をしてくださった千勝さん、お忙しい中に全国からお集まりいただいた皆様、一昨日も誠にありがとうございました。
千勝さんのお話は興味深過ぎる上にいくら時間があっても足りないので、来年はAT-1のスピンオフ企画として長期の特別講座を組もうかと考えております。 千勝ファンの方はぜひお楽しみに?
令和三年最後のAT-1となる来月は、東條英機閣下の曾孫であられる東條英利さんを講師にお迎えします。
この千勝さんの流れからの東條さんのお話で、戦後に刷り込まれた隠蔽と捏造の近現代史を根本から覆せればと思っておりますので、来月もぜひお楽しみに!

ご興味を持ってくださった方へ

本会は「場」としての雰囲気を
とても大切にしており、
基本的にクローズドで開催しております。

主宰者である古賀が責任を持って
「場」を創る以上、
「場の参加者」にも責任を持つ、
という考えがあります。

その為、いわゆる
「一見さんお断り」
といった形式を取らせて
頂いておりますが、
何卒ご理解賜りたく思います。

会にご興味を持って頂いた場合は、
古賀本人、アシスタント谷岡、
もしくは紹介者様に
ご相談頂けますと幸いです。