共に成長できるプラットフォームを目指して。 セミナートップページ

終了致しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

希望〜日本が始める技術革命をあなたは信じるか?〜

セミナー議事録

《管理人の独り言》

先日は月末のお忙しい中、ご参加誠にありがとうございました。
清水先生には昨年7月にもご登壇いただき、AT-1では2回目のご講演となりました。
初めて講演を聞かれる方が多かったので、敢えて前回と重複する内容もありましたが、全体的には内容の濃さが全然違いました!今回の方が圧倒的に濃い内容でした。
清水先生が古賀を信頼してくださり、そしてAT−1へ参加してくださる方々の熱意を感じて、今回相当な想いで準備してくださったことが伝わって来ました^^

事前準備、そして当日の講演をしてくださった清水先生や、終始サポートしてくださった秘書の齋藤さんへの感謝はもちろん。
高い志や熱意を持ってAT-1に参加してくださる皆様のおかげで毎回、我々も貴重な学びを頂けております。
本当にありがとうございました!!!

《セミナー・懇親会風景》





《参加者みなさまのご感想》

・こんなに時間が短いと思った話しはないです。もっともっと話を聞いていたかった。学ぶことは尽きないし、多くのことを学びたいという願望がふつふつと湧いてきました!

・未知の領域だったところのお話ばかりで少し面食らいましたが、日本を大切に想われる心と熱意が全ての言霊から伝わってきて心酔します!

・正直、“知らない”は恐いなと感じました。身近なところで、病気やコロナの話はいつかちゃんと自分の口から話せるようになりたいなと思いました。

・「常識が作られている」その怖さを改めて知らされました。すべてが興味深いものでした。

※たくさんの中のほんの一部になりますが、いただいた感想を掲載させていただきました。本当にありがとうございました。

《古賀Facebookより》

【第68回AT-1報告】
昨日は令和三年1回目のAT-1でした。
講師には、昨年7月にもご登壇いただいたエクボ株式会社/エクボ財団/ヒロコ財団の清水代表を再びお招きし、『希望〜日本が始める技術革命をあなたは信じるか?〜』と題して、清水さん達が既に実用化されている、あるいはこれから実用化しようとされている数々の素晴らしい技術の話を中心に、本当に幅広いお話をたくさんお聴きできました。
あまりにも濃くて興味深い内容で、『180分の講演+90分の対談』という長丁場であったにも関わらず、本当にあっという間でした😱(実際にアンケートにもそういう意見が多く見られました)
もちろん、アメリカ大統領選挙やコロナ騒動の裏側、ウイルスというモノの正体といった他では聴けないディープなお話もたくさん伺えました。
UFOや宇宙人のお話もたくさん😆

私自身も機密保持契約書にサインをしているので、特に技術的な内容については一切ここには書けませんが、そうじゃない分野の中からいくつかだけ。
・太陽光線は人体にとってとても大きな影響力があるので、なるべくお日様に当たること。その際、手のひらを上に掲げてみるべし。どんな人種でも、手のひらは決して日焼けしない。
・すべての病気の原因は"深部体温"の低下。意外にも37.6℃以上が"美人体温"と呼ばれている。
・"技術"とは技の術であり、その本質は"再現性"にこそある。
・腸内細菌の力を侮ってはいけない。腸内細菌には、カリウムをカルシウムに変えるような「元素変換」をする力がある。
・柿(特に干し柿)はビタミンCの宝庫である。

講演の最後の方で、清水さんは「世間に対して堂々とやれるビジネスをやって行こうじゃないか!」とおっしゃっていました。
私も本当にその通りだなと感じます。
ビジネスをやるに当たっては「自分が儲かるかどうか?」も大切ではありますが、「世の中を良くできるかどうか?」という視点も絶対に外せない。
私自身も、引き続きこの部分を強く意識していこうと改めて感じました。

今回は書ける内容が少なくてちょっと中途半端な報告になってしまいますが、とにかく昨日も懇親会まで含めて大いに盛り上がりました😇
昨日発表した《合宿企画》に関しては、また近々改めてFBにて告知させていただければと思っております。

昨日の講演のために100ページ以上のスライドをご準備いただき、物凄い量と質の情報を我々に届けてくださった清水さん、そしてこのようなご時世でいろいろと大変な中、全国からわざわざお集まりいただいた稀有な(笑)皆様、昨日は本当にありがとうございました。
主宰者として、とても嬉しかったです😊

また来月以降も続けて行きますので、引き続きAT-1をどうぞよろしくお願いいたします!!

ご興味を持ってくださった方へ

本会は「場」としての雰囲気を
とても大切にしており、
基本的にクローズドで開催しております。

主宰者である古賀が責任を持って
「場」を創る以上、
「場の参加者」にも責任を持つ、
という考えがあります。

その為、いわゆる
「一見さんお断り」
といった形式を取らせて
頂いておりますが、
何卒ご理解賜りたく思います。

会にご興味を持って頂いた場合は、
古賀本人、アシスタント谷岡、
もしくは紹介者様に
ご相談頂けますと幸いです。