共に成長できるプラットフォームを目指して。 セミナートップページ

終了致しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

君は「何に」なる気だ? 〜今の世界は実は50年前に準備された!〜

セミナー議事録

《管理人の独り言》

先日はAT-1にご参加いただきまして誠にありがとうございます。
AT-1設立時から「場の空気感」や「自分の頭で考える」ということを古賀は非常に重要視しておりました。
日本中に自粛ムードが漂い、“オンラインへの移行”が推奨される中で、30人というこれだけ多くの方に集まっていただけて本当に嬉しく思っております。

清水先生のお話は専門的な内容も多く、学校で教わった授業は何だったのだろ〜と思う部分もありましたが大変面白く拝聴しました(^^)

・自分にできることをする。勇気を捨てるな!自分が生まれてきた意味を疑うな!
・反省するなら、次に何をするか行動を考える。前しか見ない。前から来るものしか見ない。
・子供は叱るな。大人がやって見せろ!大人の仕事はたった一つ。子供のころに持った夢を叶えて見せること。

清水先生は“カッコイイ大人”の代表だと思いました。
大人としてできることをやる。下の世代に見せていく。
「出来たらいいな」ではなく「実現させる」という力強い想いやパワーが伝わってきました。
大人の役目や社会貢献は「実現」が大切であることを教えていただきました。
自分は下の世代に何を残せるのだろう、どんな姿を見せられるのだろう。
まずは実現できることから少しずつでも前に進みます。

来月以降も皆様のご参加をお待ちしております!!

《セミナー・懇親会風景》






《参加者みなさまのご感想》

・夢について考えさせられました。自身も子どもができて、これからの子育ての中で「夢」を聴きたいと思います。

・お話に対して驚きと同時にたくさん腑に落ちる瞬間がありました。何よりも大人はできることをやって次世代に貢献するために、実現したいと思うことに全力を尽くしたいと思いました。

・自分が疑いもせず受け入れていた情報をもう一度感じたり考えたりする大切な機会を頂きました。

・誰が何の目的を持って世界を動かそうとしているのかを考えながら判断することが大切だと感じました。

・知らないことすら知らない世界があることに驚きを感じています。夢を叶える大人になりたいと思います。

※たくさんの中のほんの一部になりますが、いただいた感想を掲載させていただきました。本当にありがとうございました。

《古賀Facebookより》

【第61回AT-1報告】
昨日の61回目のAT-1、おかげさまで久々の満席での開催でした😊

今回はエクボ株式会社代表取締役の清水美裕先生を講師にお迎えしたのですが、清水さんは新進気鋭の科学者であり、会社の社長であり、二つの財団の代表理事であり、そして合気の達人。
さらには、長年に渡って本格的な断食を生活に取り入れられていて、そういう意味ではさながら"仙人"でもあります(笑)

昨日はそんな清水さんから本当に多岐にわたるもの凄い情報量のお話を伺ったのですが、残念ながら内容はほとんど表に出せません😅
この"コロナ騒動"の裏側や真相についてもしっかりと聞けました。
外で聞くと「そんなの眉唾でしょ〜」と言いたくなるような話も、清水さんが科学的根拠やご自身の実体験を基にお話しされると、俄然説得力が出てきます。
対談では5Gや電磁波や量子力学や重量や宇宙の話等々いろいろと伺ったのですが、本当に圧巻の内容でした。
ここに書けないのがもどかしい(涙)

各論は出せないのですが、清水さんが伝えてくださった大切なメッセージを共有しておきます。

やりたいことは今やれ!「後で」は無い!
自分にできることをする勇気を捨てるな!
自分が生まれてきた意味を疑うな!
大人の唯一の仕事は、子供の時に描いた夢を実現してみせること!
大人は、できることをやってみせろ!
夢は、誰が叶える?

我々日本人の大人は、自国や自身に誇りを持って生きながら夢を実現し、子供たちに背中を見せ続けなきゃいけませんね!!

昨日は小雨の中、たくさんの方にお集まりいただきまして本当にありがとうございました。
長時間の拘束にも関わらず、笑顔で対応してくださった清水さん、秘書の齋藤さん、本当にありがとうございました!
もしかしたら第二弾もあるかもしれませんので、その際はまたよろしくお願いいたします!!

来月のAT-1は8/25(火)ですが、4月に泣く泣く延期した河添女史のリベンジ講演!
チャイナや中共事情に精通しておられる河添先生に、コロナも含めたもろもろをぶった斬っていただく予定ですので、ぜひ来月もご参加ください!!

ご興味を持ってくださった方へ

本会は「場」としての雰囲気を
とても大切にしており、
基本的にクローズドで開催しております。

主宰者である古賀が責任を持って
「場」を創る以上、
「場の参加者」にも責任を持つ、
という考えがあります。

その為、いわゆる
「一見さんお断り」
といった形式を取らせて
頂いておりますが、
何卒ご理解賜りたく思います。

会にご興味を持って頂いた場合は、
古賀本人、アシスタント谷岡、
もしくは紹介者様に
ご相談頂けますと幸いです。