共に成長できるプラットフォームを目指して。 セミナートップページ

終了致しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

わたしが信じていること

セミナー議事録

《管理人(今回限定、本人から)の独り言》

先日のAT-1、12月という大変お忙しい中、ご参加いただき本当にありがとうございました。
今回のAT-1では、初めて話し手を務めさせていただき、とても貴重な経験となりました。
人の前で話すことの難しさや事前準備の大変さ、直接感想を聞くとどんな気持ちになるのか等、一つ一つが事務局としても知っておくべき大切なものでした。

まさに、『嫌なことは出来るだけやった(挑戦した)ほうが良い』ということでした(笑)

このAT-1、そして私は皆さまに支えられているということを改めて実感させていただき、感謝の気持ちと、同時にもっと頑張らなければという身が引き締まる思いでいっぱいでした。
貴重な時間を割いてお越しくださった皆さま、応援メッセージを送ってくださった皆さま本当に本当にありがとうございました!!

《管理人Memo》

◎社会に出て、学んだこと
・劣悪な環境化でも学ぶことはある。
“人間関係”
上司や同僚、苦手意識があっても距離をあけるのではなく、近づく努力をする。
自分が苦手・嫌いと思う人は、相手も自分に対して同じ感情を抱いていることが多く溝が深まってしまう。“嫌い”なところにフォーカスするのではなく、自分には無い相手の尊敬できるところや、長所に意識を向けてコミュニケーションをとる。最初はストレスに感じても、接するうちに苦手意識が無くなる(もしくは軽減する)。
こちらの苦手意識がなくなると、相手との関係性も変わってくることがある。

◎わたしが信じていること
・自分のことは自分で決める
思い返すと良いことばかりではなく、辛かったことや苦い経験は沢山あるが、自分の意思で決めたことで後悔したことは無い。
「これは自分が決めたこと」と意識すれば、誰かのせいにすることも無くなる。
・物事の決断は“頭”ではなく、“心臓”で考える
自分にとって重要な決断をするときは、頭で色々考えるよりも心臓の鼓動を感じとって、何が正しいかを判断するようにしている。
緊張感や不安感、正しい行いかどうかなどは鼓動である程度判断がつく。
・やりたくないと思うことは出来るだけやったほうが良い
すべては必要なこと、必然だと思う。やりたいことばかりではなく、不安やプレッシャーを感じるような「やりたくない」と思ったときこそやってみる
(挑戦する)。挑戦したときこそ成長のタイミングだと思う。
・信頼を得ることは、私にもできる
「信頼を得る=誠実な対応をする」だと思っている。
スキルや知識、自分に不足していることは山ほどあるが、相手を思いやり、信頼を得るように努めることは自分にもできる。
だからこそ常に誠実に生きようと思っている。

◎AT-1を通して感じたこと、学んだこと
講師の方や会社の代表という立派な立場にある方々から学ぶこと
これまで経営者の方々と関わることがなかったので、接しにくい・偉そうにしているというようなイメージを勝手に持っていた。しかし、実際は全くそんなことはなくとても謙虚で、誰よりも勉強熱心であることが分かった。
講師の方や参加者の皆さんから何よりも大切なのは“人間性”だということを学んだ。

《セミナー・懇親会風景》




《参加者みなさまのご感想》

・古賀ちゃんのマイナスポイントを引き出そうと思ったけれど(笑)結局、谷岡さんの口からは短所が出てきませんでした(笑)強い信頼関係で結ばれているなー。と感じました。

・男性上司と女性部下。その関係に「信頼」を築かれるまでに必要なことが聞けて良かったです。とはいえ何と言っても「相性のいい人」とどう出会うか。それも才能だと思いました。

・お互いにそれぞれの違い、強みがわかる関係性はすごくうらやましいです。古賀ちゃんの教育、谷ちゃんの合わせようとする心構え、嫌いな人には踏み込んでいくお二人の大切なことをお聞きできてよかったです。

・私もアシスタントがおります。感謝の繋がりを創り、相手の成長と自分の成長を目指します。

  ※たくさんの中のほんの一部になりますが、いただいた感想を掲載させていただきました。本当にありがとうございました。

《古賀Facebookより》

【第33回報告】
昨日は2017年最後のAT-1&忘年会でした。
講師はAT-1の事務局長である谷岡里美先生(*^^*)
私も当日まで全く内容を知らなかったのでドキドキしていたのですが、それよりも何よりも講師自身が週末から親不知が痛んでかなり大変で、ギリギリまで開催できるかどうか分からなかったのが一番のドキドキでした(笑)
結果的には講演、対談ともに見事に務め上げ、身内ながら天晴れな立ち回りでした(^-^)

テーマは「私が信じていること」。
自身の生い立ちから古賀のアシスタントとして働くまでの職歴、アシスタントとしての日々の仕事や様々な葛藤、そしてAT-1の事務局を通して学んだことや感じたことなど、彼女らしい素直な言葉でたくさん語ってくれました。
参加者もまさに"身内"の皆さんだったので本人も想像以上にリラックスしてお話できたようですし、対談中の皆様からのいろんな質問も、とても愛に溢れているように私には感じられました(*^_^*)

内容も私が期待していた以上に深くて(笑)、名だたる経営者の皆様からも「勉強になった!」とか「講演家に向いているんじゃないか?」といった有難いお言葉を頂戴しました。
私は半分当事者なので主観も入りながら聞いていたのですが、正直な感想としてはあの場の全てがとても嬉しく有難かったです(^-^)

谷岡先生の信じていることは以下の4つ。
・自分のことは絶対に自分で決める。
・物事の決断は、頭ではなく心臓で考える。
・やりたくない事ほど、できればやった方が良い。
・信頼を得ることであれば自分にもできる。
講演の最後の方にこの4つの話が出たのですが、途中の話の中にそれぞれの要素がふんだんに盛り込まれていたなぁという印象です。
手前味噌で恐縮ですが、初めて人様の前で話をさせていただく人間とは思えないくらいの深い内容、そして立ち居振る舞いでした。

谷岡先生、物凄く辛い体調を押しての講演、お疲れさまでした。
きっとそれだけ頑張った価値は十分にあったと思います。
そして年末のお忙しい中にご参加くださった皆様、本当にありがとうございました!
皆様のおかげで谷岡もまた一歩、成長の階段を上ることができたのではないかと思います。

改めましてこの1年、AT-1でお話しいただきました14名の先生方、そしてご参加くださった延べ200名を超える皆様、本当に本当にありがとうございました。
皆様のおかげで、今年も無事に1年間AT-1を続けてくることができました。
来年以降もまた元気に続けて行きたいと思っておりますので、ぜひ応援そしてご参加のほど、何卒よろしくお願い申し上げます!

新年一発目は1/15(月)に恒例の「ぽっくり座談会」を開催します!
しかも会場は、我々ぽっくり兄弟のホームとも言える向島。
また改めてご案内しますが、年の初めに縁起の良い場所で縁起の良い話を聞きにぜひいらしてください!!

ご興味を持ってくださった方へ

本会は「場」としての雰囲気を
とても大切にしており、
基本的にクローズドで開催しております。

主宰者である古賀が責任を持って
「場」を創る以上、
「場の参加者」にも責任を持つ、
という考えがあります。

その為、いわゆる
「一見さんお断り」
といった形式を取らせて
頂いておりますが、
何卒ご理解賜りたく思います。

会にご興味を持って頂いた場合は、
古賀本人、アシスタント谷岡、
もしくは紹介者様に
ご相談頂けますと幸いです。