共に成長できるプラットフォームを目指して。 セミナートップページ

終了致しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

エンパワメント経営の真髄~パンクでADHD、型にハマらない男の生き様~

セミナー議事録

《管理人の独り言》

昨日もお忙しい中、沢山の方にお集まりいただき、ありがとうございます!
皆さまに向けられた出路先生の熱のこもった視線がとても印象的で出路さんファンが多いのも納得でした(^^)

私が完全に理解するためにはとてつもなく深く難しいテーマでしたが、自分の内側の課題を知り(気づき)、向き合うことが非常に重要であることを学ばせていただきました。

“豊かさ”とは何か。
経済的豊かさ、自由な時間、たくさんの仲間 etc
これらは、外から何かを貰おうと思う“欠乏”であり、豊かさとは自分の内側に秘めているエネルギーである。
深すぎてモヤモヤしましたが、豊かさの本質に気づけたことがとても大きな収穫でした。

ライブペップフォーラムを受講された方から興味深いお話も沢山聞かせていただき、気づきの多い一日となりました。本当にありがとうございました!!

《セミナー・懇親会風景》






《参加者みなさまのご感想》

・出路さんが辿った経営の道が、自分もいつか通る道なんだろうと思いつつ聴かせていただきました。

・「深い」の一言。自分の人生と置き換えると、いろいろ考えさせられた。年をとっても働けるというビジョンで農業を考えられた発想はすごい!!

・社員に対する深い共感、感謝、信頼、敬意...私にはまだまだ足りないと(浅いなと)反省しました。また、自分の“影”について、知らず知らずのうちにやってしまっていることが沢山あるんだな...ということを知ることができ、貴重な気づきが得られました。

・光と影のお話など、昔の自分を思い出してとても共感しました。

・自分が今、突き当たっていた理由が分かりました。もっと自分の内側に向き合い自律する必要があることを自覚しました。

※たくさんの中のほんの一部になりますが、いただいた感想を掲載させていただきました。本当にありがとうございました。

《古賀Facebookより》

【第30回御礼】
本日、30回目の節目のAT-1でした。
講師には株式会社ヒューマンフォーラムの出路会長にお越しいただき『エンパワメント経営の真髄 〜パンクでADHD、型にハマらない男の生き様〜』と題して、本当に貴重なお話を頂戴しました。

今日は個人的に、今までの中で一番スピリチュアルで一番モヤッとした回でした(笑)
よって、私の一番の得技であるファシリテートも、最後まで中途半端でした(ToT)
という訳で、なんだかまとまらないので以下本日の気付きを思いつくままに羅列します。

・外側の現象に囚われすぎず、その裏側にある内側の課題(自分のクセ)に目を向けるべし。
・"豊かさ"とは自分の内側(潜在意識レベル)にあり使っても減らない無限のものであるのに対し、"欠乏"とは自分の外側から何かを得ようとする有限の動機である。
・共感することと同意することは違う。
・ダメな自分も含めて「それでいいんじゃないの?」と無条件に受容することの重要性。パンクでADHDでもええやんか!(笑)
・家族や上司部下との関係をはじめとして、世の中には自分とその人との関係値の中でしか解決できない(他人にはうかがい知れない)問題があり、それこそがその人(魂)の今生の課題である。
・起こった出来事で人生が変わるわけではなく、自分の中の傾向(影)に気づかせるために出来事がある。それが目覚め!
・思考ほど無意識で無自覚なモノはないし、それは感情と密接に関わっている。
・利他を意識している時の方が、自分の潜在意識にアクセスしやすい。
・自分が大変だと思っていることは、きっと世の中にも大変だと思っている人がいるハズだから、自分ごとと社会ごとをつなげることが大切である。

ここまで書いてみてやはりレポートも全くまとまりませんが(笑)、本日も大変貴重なお話を賜り、参加された皆様に大いに喜んでいただけたことだけは確かです(≧∇≦)
お忙しい中にしっかりとした準備で臨んでくださった出路さん、わざわざ会場まで足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました!

来月は10/17(火)に『わが国日本をもっと知ろう!』シリーズの第4弾として、九州大学准教授の施先生にお話しいただきますので、また来月も楽しみにしていてください!!

ご興味を持ってくださった方へ

本会は「場」としての雰囲気を
とても大切にしており、
基本的にクローズドで開催しております。

主宰者である古賀が責任を持って
「場」を創る以上、
「場の参加者」にも責任を持つ、
という考えがあります。

その為、いわゆる
「一見さんお断り」
といった形式を取らせて
頂いておりますが、
何卒ご理解賜りたく思います。

会にご興味を持って頂いた場合は、
古賀本人、アシスタント谷岡、
もしくは紹介者様に
ご相談頂けますと幸いです。