共に成長できるプラットフォームを目指して。 セミナートップページ

終了致しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

チャンスは至るところに ~私のイノベーション体験から学んだこと~

セミナー議事録

《管理人Memo》

《コーポレートガバナンス(企業統治)の在り方》
(従来)“守り”のガバナンス
不祥事を防止しましょう。監査的な視点(法令遵守)
(現在)“攻め”のガバナンス
持続的な成長戦略。企業の収益率を高めよう。
⇒一見「法令遵守」が消えたような印象だが、反対にもっと「法令遵守」がきつくなる!

・日本の企業が停滞している理由は「リスク」をとらなくなった。
・リスクをとるために何が大事か。法令遵守だけをおこなっているのが安全ではない。攻めのガバナンスが必要。積極的にリスクをとっていこうとする自立型でなければいけない。
 ※自立型・・・元気、勇気、覚悟

“全体的なものを見て、どう判断するか”という発想が大切。
一部だけを取り上げて、そこだけになるのは良くない。
(例)守りだけ、攻めだけ...

・経営戦略
元気がある経営者が立てる経営戦略でなければいけない。元気を持ってそれをやるかどうか、元気を持って企画するかどうか、元気を持って実行するかどうか。
⇒本質的にここが大事!日本は一番肝心なところが抜けている。

・“恒常的な成功”
(ジョンソン・エンド・ジョンソン/ロバート・ウッド・ジョンソンJr)
「人々は本物の経済的貢献と社会的価値を生み出す企業のみが成功する権利を持つことを確信してしまった。恒常的な成功はより高尚な経営哲学を遵守することによって可能になる。顧客が一番で、社員とマネジメントが次に、株主が最後に来ることを認識し、社会に対する責任を全うすることが、より高度な利益の追求方法なのだ。」

『社会的責任を全うする。そのことによって攻めのガバナンスが実現する。』

《セミナー風景》




《参加者みなさまのご感想》

・守りと攻めの経営バランス、コーポレートガバナンスなど経営していくうえでのヒントをいただきました。

・修身、基本というか、根が大切!!改めて確認できました!

・実務の話、大変わかりやすく理解できました。

・戦略(予防)が大切だと思いました。

・自分の現状として、幸いなことに知財を評価して頂いている案件が多いので大変参考になりました。

・企業を成長させていく上で、“守り”を事前に導入しておくことの大切さを痛感しました。先生のような思いをもたれている方が増え、事業のスタートアップをサポートしてくださる方、起業家が増え日本がもっと活発になればと強く思いました。

※たくさんの中のほんの一部になりますが、 いただいた感想を掲載させていただきました。本当にありがとうございました。

《古賀Facebookより》

【大成功御礼!!】
本日は、エンジェル寺子屋一番館(AT-1)の記念すべき第1回目のセミナーでした。
講師が鳥飼先生という素晴らしい方であったこと、そして集って下さった皆様が本当に素晴らしい面々であったこと等、とにかく素敵な要素が揃いまくって、我がAT-1は最高の船出となりました(≧∇≦)
来月以降も少しずつ体制を整えながら毎月開催して行きますので、ぜひ応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします(*^-^*)
また近日中にアップしますが、次回は5/11(月)にアジアチャイルドサポートの池間先生をお招きして開催します。
日本人としての誇りを感じたい方は必聴ですっ!!

ご興味を持ってくださった方へ

本会は「場」としての雰囲気を
とても大切にしており、
基本的にクローズドで開催しております。

主宰者である古賀が責任を持って
「場」を創る以上、
「場の参加者」にも責任を持つ、
という考えがあります。

その為、いわゆる
「一見さんお断り」
といった形式を取らせて
頂いておりますが、
何卒ご理解賜りたく思います。

会にご興味を持って頂いた場合は、
古賀本人、アシスタント谷岡、
もしくは紹介者様に
ご相談頂けますと幸いです。