「中今とは?」「我が国の歴史通覧」|エンジェル寺子屋一番館

「中今とは?」「我が国の歴史通覧」

2019年5月20日(月) 14:30~
【第48回】講師:矢作 直樹 先生

「中今とは?」「我が国の歴史通覧」

日時:2019年5月20日(月) 14:30~

■講師:矢作 直樹 先生

■会費:10000円 ※懇親会、別途5000円

■場所::東京都港区浜松町1-22-5 KDX浜松町センタービル6階
フクラシア浜松町
(最寄り駅:JR浜松町駅 北口より徒歩1分)

■スケジュール:※変更の可能性あり
14:00 受付開始
14:30~14:40 開会挨拶、講師紹介
14:40~16:10 矢作先生講話
16:10~16:20 休憩
16:20~17:40 対談ならびに質疑応答
17:40~17:50 閉会挨拶、写真撮影など

終了次第、懇親会

※セミナー終了後に懇親会の開催を予定しております。
参加お申込みの際には、懇親会へ参加されるかどうか
併せてご連絡いただけますようお願い致します。

—————————————————————————————————
《以下、古賀Facebookより》

【第48回AT-1告知】
エンジェル寺子屋一番館(AT-1)、第48回の募集を開始します!
開催日は5月20日(月)で、講師には元東大の医師であり、現在は東大名誉教授であられる矢作直樹先生にお越しいただきます!

いよいよ御代代わりのタイミングですが、令和のAT-1はなんと7回連続講話からスタートです(*^^*)
5月〜11月の7回に渡り、矢作先生から『世界の歴史×精神世界』というとてもユニークな切り口で、様々なお話を聴かせていただく予定です!
東大の医師、しかも教授で部長クラスの方が「人は死なない」という本を書かれている時点で、かなり興味を持ちますよね(≧∇≦)

初回は「中今とは?」「我が国の歴史通覧」と題して、矢作哲学の根幹を為す”中今”の概念と、日本に限らず世界の文明を紐解く上で決定的に重要な”縄文”を中心にお話しいただく予定です。

矢作先生は本当に大人気な方なので、こんなに贅沢な連続講座はなかなか他では聴けません。
毎回出れなくて単発でも全く問題ありませんので、ぜひご参加くださいっ!!

■プロフィール
横浜市で出生。昭和56年金沢大学医学部卒業、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、内科、手術部などを経験。平成11年東大工学部精密機械工学科教授。平成13年より東大医学部救急医学分野教授および東大病院救急部・集中治療部部長。平成28年3月31日、任期満了退任。東京大学名誉教授。
日本人がかつての死生観を思い出すことでより心安らかに暮らしてほしいと願い、『人は死なない』(バジリコ)、『天皇』(扶桑社)、『おかげさまで生きる』(幻冬舎)『天皇の国 譲位に想う』(青林堂)、『日本歴史通覧 天皇の日本史』(青林堂)などの著書を著した。