講話Ⅲ:「鏡張りの部屋」の住人として過ごした敗者の戦後|エンジェル寺子屋一番館

講話Ⅲ:「鏡張りの部屋」の住人として過ごした敗者の戦後

2019年3月26日(火) 14:30~
【第46回】講師:上島 嘉郎 先生

講話Ⅲ:「鏡張りの部屋」の住人として過ごした敗者の戦後

連続講話 全体テーマ
《遠くの声を探して―我が父祖たちの物語》

日時:2019年3月26日(火) 14:30~

■講師:上島 嘉郎 先生

■会費:10000円 ※懇親会、別途5000円

■場所:東京都港区浜松町1-22-5 KDX浜松町センタービル6階
フクラシア浜松町
(最寄り駅:JR浜松町駅 北口より徒歩1分)

■スケジュール:※変更の可能性あり
14:00 受付開始
14:30~14:40 開会挨拶、講師紹介
14:40~16:10 上島先生講話
16:10~16:20 休憩
16:20~17:40 対談ならびに質疑応答
17:40~17:50 閉会挨拶、写真撮影など

終了次第、懇親会

※セミナー終了後に懇親会の開催を予定しております。
参加お申込みの際には、懇親会へ参加されるかどうか
併せてご連絡いただけますようお願い致します。

—————————————————————————————————
《以下、古賀Facebookより》

【第46回AT-1告知】
エンジェル寺子屋一番館(AT-1)、第46回の募集を開始します!
開催日は前回からちょうど1カ月後の3月26日(火)、雑誌『正論』元編集長の上島嘉郎先生による連続講話の最終回となります。

はじめに事務連絡で恐縮ですが、オトナの事情からいつもの会議室を使うことが困難になり、今回からは外の貸し会議室での開催となります(>_<)同じ浜松町ですがお間違いのなきよう。
またそれに伴い、誠に恐れ入りますがセミナー参加費を今までの5,000円から10,000円に値上げさせていただきます。事情ご理解の上、ご了承くださいませ。。。

さて、今回は毎回大好評の上島先生連続講話の最終回。
今回のテーマは『「鏡張りの部屋」の住人として過ごした敗者の戦後』ということで、なかなかこういう場で取り上げられることの少ない『戦後』を語っていただきます。
高度成長からのバブル景気とその後の失われた30年。
経済的な側面から見れば戦後74年はそんな流れなのでしょうが、戦争に敗れたことによって我が国日本に何が起きていたのか?どんな国に”させられてしまった”のか??
これは何も、他者のせいばかりとは限りません。きっかけは他者にあるかもしれませんが、我々日本人自身が”ほぼ無意識のうちに”どのような方向に向かって歩いてきた、あるいは歩いているのか?
このあたりのお話をじっくりお聴きできるかと思います。

私がよく「今日本で起きているほぼ全ての社会問題の行き着く先は”戦争に負けた”ということに尽きる」という話をしますが、今回の上島先生の講話でこのあたりのこともある程度ご理解いただけるのではないかと思います。

【経歴】
昭和33年(1958)、長野県上伊那郡辰野町生まれ。愛媛県立松山南高等学校卒。青春時代は愛媛県松山市で空手修行や映画鑑賞、読書などに明け暮れる。
地方紙記者、フリーランスを経て平成3年(1991)産経新聞入社。サンケイスポーツ編集局整理部に所属。
平成7(1995)年6月退社。その後『月刊日本』創刊編集長をつとめる。
平成10(1998)年10月産経新聞社に復帰。以後、雑誌『正論』編集部。
平成16(2004)年2月 雑誌『正論』担当編集部長。
平成17(2005)年11月 雑誌『正論』担当編集部長兼別冊編集長。
平成18(2006)年11月 雑誌『正論』編集長(兼別冊編集長)
平成22(2010)年10月 雑誌『正論』編集委員(兼別冊編集長)
平成26(2014)年7月に産経新聞社を退社。その後フリーランスで活動。
主な著書に『優位戦思考に学ぶ―大東亜戦争「失敗の本質」』(日下公人氏との共著、PHP研究所)、『韓国には言うべきことをキッチリ言おう!』(ワニブックスPLUS新書)など。

『正論』編集者時代は、石原慎太郎、渡部昇一、日下公人、竹村健一、西部邁、李登輝、早坂暁、松平康隆、曽野綾子、金美齢、上坂冬子、櫻井よしこ、長谷川三千子、百田尚樹といったビッグネームを担当。