ぽっくり座談会 第三弾!~新年会~|エンジェル寺子屋一番館

過去に行われたセミナー

ぽっくり座談会 第三弾!~新年会~

2018年1月15日(月)16:00~
【第34回】講師:鳥飼先生、多喜先生、桑戸先生

2018年1月15日(月)16:00~
【第34回】講師:鳥飼先生、多喜先生、桑戸先生

ぽっくり座談会 第三弾!~新年会~

■日時:2018年1月15日(月) 16:00~
※開始時間は変更になる可能性がございます※

■講師:
鳥飼 重和 先生
多喜 義彦 先生
桑戸 真二 先生
コーディネーター:古賀 真

■講師プロフィール
鳥飼 重和 先生 / http://at-1.jp/24/
多喜 義彦 先生 / http://at-1.jp/165/
桑戸 真二 先生 / http://at-1.jp/161/

■会費:※予定
50,000円(※セミナー無料、懇親会お食事代として)

■定員:20名

■場所:向島 料亭「波むら」
東京都墨田区向島2-15-8
(最寄り駅:東京スカイツリー駅より徒歩10分程度
押上駅より徒歩13分程度、浅草駅より徒歩15分程度)

■スケジュール:※予定※
15:30 受付開始
16:00~16:10 開会挨拶
16:10~17:40 ぽっくり座談会
17:40~18:00 閉会挨拶、写真撮影など
18:00~21:00頃 新年会
新年会はそのまま料亭「波むら」にて開催いたします。

※基本的にご参加は古賀のお知り合いの経営者の方に
限らせていただきます。

—————————————————————————————————

《以下、古賀Facebookより》

【第34回AT-1告知】
エンジェル寺子屋一番館(AT-1)、第34回の募集を開始します!
2018年一発目は1月15日(月)で、毎年恒例の新春特別企画「ぽっくり座談会」の第三弾です!!
今回は我々ぽっくり会のホームとも呼べる向島での開催ですので、座談会の後はそのままお座敷にてAT-1新年会となります(^^)

このぽっくり座談会も次回ではや3回目。
毎回ご参加の方はお分かりかと思いますが、筋書きもタブーも全くございません(笑)
しかしそこはさすがにお三方の人間力、いつも良い感じにまとまるんですよね(*^^*)
今回の会場は、今まで何度となくぽっくり会が開催されてきた向島は波むらさん。ここには2016年12月の第21回でも”花街体験”としてお邪魔しておりますが、花街の目出度いお正月を体験していただくことも今回の大きな目的の一つとなっております。
新年早々、とってもおめでたい場所でとってもおめでたい先生方のお話を伺えば、2018年も開運間違いなしです(^_^)b

開催を終了しました。沢山のご参加ありがとうございました。

セミナー議事録

《管理人の独り言》
新年明けてお忙しい時期にも関わらず、ご参加ありがとうございました!!
新年会を兼ねてということで、ぽっくり兄弟に講師を努めていただき、
2度目の向島料亭開催でした♪前回(向島開催)は2016年の忘年会でしたので、
その時とはまた少し違う新春を感じる会となりました(^^)

通常よりも少し遅い時間からの開催ということもあり、座談会は
「もっと先生方のお話が聞きたい」と思うほどあっという間のお時間でしたが、
限られた時間の中でも気づきが沢山あり、個人的には少なくとも年に一度は
やっぱり“ぽっくり座談会”がなくては!!と思っておりました^^

桑戸先生のご縁のお話。
“波打って届くときに届く”ご縁の不思議と有り難さについて聞かせていただき、
感謝の気持ちを常に持ち続けられる人で居られるよう日々精進して参りたいと思いました。

常に新しいことに挑戦しつづける鳥飼先生のお話。
専門分野である法律の実務についてお話いただきましたが、
“他がやらないことに取り組み、そこからの気づきを次に生かす”という何事も
ポジティブに捉え、70歳になって「これからやりたいことがやれる!!」と
おっしゃる先生のお言葉がとても印象的でした!

新年会では芸者さんによる華やかな舞を披露していただき、人生初のお座敷遊びも
体験することができました(^^)♪とても楽しく貴重な経験でした!
皆様のおかげで2018年一発目のAT-1、大盛況で終えることができました。
本年も一人でも多くの方にご参加いただけますと幸いです。
私に関しましては引き続き、ご指導宜しくお願いいたします!!

---------------------------------------------------------------------------------------------------
《講演メモ》

~桑戸先生のお話~
『不思議とご縁は波打って、届くタイミングに届く』
なぜかはわからないが何かの因縁で頂いたご縁に感謝して生きていく。

道徳と宗教の違い
道徳は民族や時代によって変化していく。
宗教は民族や時代に左右されない不変のもの。自分の心の中にあるものである。

仏性(仏になる可能性)はすべての者が平等に持っている。
仏になれるかなれないかは“有り難い”という感謝のこころを持っているかどうかである。

~鳥飼先生のお話~
昨年70歳を迎えたが、当の本人は70歳になった(年をとった)気がしていない。
むしろ「これから、本当にやりたいことができる!!」という気持ちが湧いていて、
死ぬまでに叶えたい“夢”も持っている。

時代が変わり今までと同じようにやっていても、上手くいかなくなってきた。
そこで発想を変えて、新たなことに取り組むことにした。
“柔軟な発想で他がやらないことに取り組み、そこからの気づきを活かす”

ビジネスモデルから見直す。モットーは『戦わずして勝つ』
⇒戦わずして勝つには、弁護士は訴訟が起きてからではなく、経営段階から入るべきである。
 弁護士として毛色の違うことをこれからやっていこうと思っている。

(以下、鳥飼先生Facebook投稿記事より引用)
常識が転換する時代の今、何が本業かの見直しが必要です。
弁護士の今の本業は紛争の有利な解決、つまり闘争業です。
でも今後は、紛争前に勝利宣言するのが本業になるでしょう。
想定外の時代ゆえ、想定外に備える必要があるからです。

《セミナー・懇親会風景》






《参加者みなさまのご感想》

・ご縁の大切さを改めて教えていただきました。
 また、士業の新たな市場創出も大変刺激的なお話でした。
・普段、意識していないことを改めてじっくりとお話伺うことで、新年の新たな気持ちになりました。
・桑戸先生がご縁の不思議とおっしゃっていましたが、今日のご縁の不思議を感じます。
 とても新鮮な出会いで、何か新しい世界が開けるような予感がしました。
※たくさんの中のほんの一部になりますが、いただいた感想を掲載させていただきました。
 本当にありがとうございました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
《以下、古賀Facebookより》

【第34回報告】
昨日は本年一発目のAT-1でした。
内容はぽっくり兄弟による座談会の第3弾、新年会も兼ねて向島の波むらさんにて賑やかに執り行いました(^^)
なんと、講師側の一名が欠席というアクシデントもありましたが(笑)、少ない人数ならではの
和気あいあいとした雰囲気での座談会、そしてそのままお座敷での新年会。

座談会では、長男から法律の実務に関する実に興味深いお話、
そして僧正でもあられる三男から直近の実体験を踏まえたとても有難い説法を頂戴しました。
ノープランで臨んだ座談会でしたが、案の定とっても充実した内容となり、
アンケートを見てもご参加の皆様にも満足いただけたようです(*^^*)

後半の新年会では、いつもと少し違ったお正月モードの芸者さんの舞を見たり、
お座敷ならではのゲームを楽しんだり、皆さんで大いに盛り上がりました(≧∇≦)

講師のお二人様、そしてご参加くださった皆様、新年早々のお忙しい中に
お集まりいただき、誠にありがとうございました。
皆様、本年もAT-1をよろしくお願いいたします!!